宮崎北ロータリークラブ

国際ロータリー第2730地区/宮崎北ロータリークラブ(宮崎県宮崎市)の公式ホームページへようこそ。

TOP »メッセージ »

会長挨拶

2021-2022年度 クラブ運営基本方針

「ロータリーの目的を理解し、        実践しよう!」          会長 小川 俊弘

 宮崎北ロータリークラブ第53代会長を務めさせて頂くことになりました。どうぞよろしくお願いいたします。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大がどうなるか予断を許さない日々が続いています。早く収束に向かうことを願っております。
本年度も宮崎北ロータリークラブの運営にあたり、危機管理をはかりながら活動してまいりますので、会員皆様には、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。
RI会長シェカール・メータ氏は、人々のために奉仕し、その人生をより豊かにするために援助することを呼びかけられ、2021-2022年度の国際ロータリーのテーマを「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」(Serve To Change Lives)とされました。

 第2730地区ガバナー井福博文氏は、私達のロータリー年度は奉仕の実践ですと述べられ、2021-2022年度地区スローガンを「ロータリーの原点に立ち、誇りと自信を持って行動しよう!」(Together we can. We are Rotarian.)とされました。
そこで私は、お二人のテーマとスローガンを受けて、ロータリーの原点にもどり、改めて皆様とともにロータリーの目的を理解し、実践し豊かなロータリーライフ、人生を豊かにするためクラブテーマを「ロータリーの目的を理解し、実践しよう!」にいたしました。
私は、宮崎北ロータリークラブの何とも言えない心地良い雰囲気が好きです。寛容な精神を持ち合わせた様々な経験を持つ会員が集う多様性のある魅力あるクラブであると感じているからです。例えば、親子で入会されている会員が多数いらっしゃいます。女性会員が多く積極的に活動されています。数年前までは、外国出身者の会員が入会され積極的に活動されていました。
これらの事は、歴代の会長と会員が築いてきたロータリーの目的を理解するための様々な活動により、ロータリアンとして身につけた行動によるものであると考えています。
私は、我がクラブの「心地良い雰囲気」を大切にしながら、変革に対応しクラブの発展に努めてまいります。
最後に会員の皆様の豊かなロータリーライフ、豊かな人生を願うとともに、今後一年間ご支援、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。